デポジット金

通常の賃貸物件を借りるときは、大家に対して敷金や礼金を支払うのが普通です。これに対してシェアハウスでは「デポジット金」と呼ばれる保証金を支払うことになります。この保証金は何か特別なことがない限り退去時に返却されるいわば預り金ですが、入居するなら必要になりますのでデポジット金の準備をしっかりしておかなければならないです。

デポジット金はいわば通常の賃貸物件における敷金に相当するもので、シェアハウスに対して損害を与えたり、家賃を滞納してしまったり、退去連絡が急であったりなどしたときデポジット金が充てられたりします。これは住むときに管理者に対しての信用を見せるという意味があり、入居中何かお金に関するトラブルがあったときはこのデポジット金で解決させます。つまり、何も問題なく普通に生活していればそのデポジット金は退去時にきちんと返還されますので、完全に支払っているわけではないのです。

入居時にデポジット金も払えないような状態では、管理者から家賃支払いに対して信用されなくてもしかたがないです。ですから、そういうことがないようにきちんと前もって準備しておく必要があります。つまり、シェアハウスの入居時にはデポジット金が必要だと覚えておいたほうが良いです。