光熱費

シェアハウスの光熱費は、家賃と別にそのまま光熱費として固定額を払うスタイルが主流になっています。シェアハウスの場合は各人がそれぞれバラバラに生活しているわけですから、電気やガスや水道の使用量についてもまったく違います。それについてすべてを管理者側が個別に管理するのは難しいので、あらかじめ固定額にしているというわけです。

ただ、だからといって使い放題無駄遣いして良いというわけではもちろんなく、それは常識の範囲内で使っていかなければなりません。あまりにも使い過ぎてしまえばその分を住んでいる人全員で後から負担するというケースも場合によってありますので、そこはきちんとわきまえておかなければならないです。

もしもシェアハウス内で仕事をしている人などシェアハウス内にいること多い人は、固定額で支払ったほうが普通に一人暮らしするよりも得になる場合があります。そういうところがシェアハウスの魅力的な点の一つであり、光熱費の負担を少しでも抑えたい人にとってはかなり助かります。それはあくまで常識の範囲内ということはよく覚えておかなければなりませんが、光熱費が固定になるならばお金のやり繰りをするのにとても楽なのはやはり間違いないです。